リアルタイムチャート 各国の指数や為替を見ることが出来ます
中国株投資のスタンダード【中国株二季報】はこちら↓
Gooooooooooooooooogle Adsense
 
私たちのクリックで救える命があります
クリックで救える命がある。

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードまたは名称の一部を入力してください:コード検索
 

2010年01月30日 (18:26)

キラウェアとか

kingpool.jpg

毎日のようにプールでのんびりとかホント最高だ。あったかいトコは穏やかな人が多いし。それにしてもハワイ島は今までのハワイのイメージが変わる。ハワイ=ワイキキのカラカウア通りとかダイヤモンドヘッドとかをイメージするけどハワイ島はまるっきり違い、なんせ島がデカイ。ワイコロア~キラウェア火山まで往復500kmくらい1日で走ったけど片道に信号は10ヶ所あったかどうか?あんな果てしない直線を走ったの始めてだ。オートクルーズって機能もものすごい久しぶりに使った気がする。車にそんな機能があった事さえ忘れてた。アメ車ってデカイだけってイメージだったけど、これだけの道路なら分かる気がするなぁ、、、どこ行っても駐車場も広いし。火山は残念ながらガスが出てて溶岩は見れなかったけどキラウェア国立公園は行けてよかった。入場で$10払うんだけど、そのチケットは1週間有効。何故?と思ったのも束の間。中、広すぎ!今日みたいにガスが出て、途中から通行禁止って時は公園内のキャンプやキャンピングカーで寝泊まりして次の日も、、、って感じなのかも。レシートさえ持ってれば何度でも入れるので、どうしても溶岩見たい!って人は見れるまで来るんだろうね。で、公園内では最南端まで車で行ったけど標高1000mちょっとから海までノンストップで30分以上は走った。左右の道路は森か真っ黒溶岩にぺんぺん草が生えてるだけでこの世の果てみたいな気分。真っ黒溶岩の地平線ってのもたまにはいいけどなんせ広すぎ、デカイ車だったら疲れたし公園内で寝ちゃおうか?ってなるのかもな~。帰りはヒロの街に寄って島の真ん中を突っ切る道路を横断しようかと思ったが予想外の島の大きさに諦めた(苦笑)。18時を過ぎると暗くなりだし、19時を過ぎれば辺りは真っ暗なので無難に来た道を引き返した。ヤシの木やパイナップルや海ばかりがハワイじゃないんだなぁ、と。

コンドミニアムでの宿泊は今日が最終で明日からはホテルなので下見兼ねて、夕食はホテルで食べた。ヒルトンホテルは敷地が広くホテル内の移動手段としてボート(ゴンドラ?)や電車で移動するようなテーマパークみたいな感じなんだけど電車内の「ドアが閉まります」のアナウンスは英語の次に日本語も。正直、日本語のアナウンスにはびっくりしたけど、数年後のアナウンス、英語の次は日本語ではなく中国語になってるかもしれないのかもなぁ、、、と感じたので予想として、このBlogの記事に書き留めておく。

スポンサーサイト

コードまたは名称の一部を入力してください:コード検索
 

2010年01月22日 (23:41)

レンタカー予約もOK【ハワイ旅行】

hawaiiisland.jpg


26日~のハワイ島旅行ですが、レンタカーの予約も完了!到着日~帰国日(空港~空港)まで、下画像の車を借りても25940円、ガソリン代まで加味しても30000円弱でしょうかね。コナ空港~ワイコロアビレッジまで上の地図で見てもかなりの距離。きっとTAXIでホテルまで行っても最低4000円くらいはかかる(往復8000円程度) と思うので1週間借りて30000円ってのは非常に安いな~。最初は現地で2日間くらい車借りればいっか~とは思ってましたが、2日間借りて+往復TAXIだと1週間借りても変わらない。あっちこっち動き回るって事はないとは思うけど街に食事に行ったり、買い物行ったりと動きたい時にすぐ動けるってのは気分的にも楽ですしね。借りたのはこれ。

rentacar.jpg

つか、コナコーヒーのアイスってのがあるらしく ものっすごい食べたくなってきた。


ここまでの確定費用
JAL/AMEXマイル移行手数料:9000円
発券手数料とサーチャージ:47730円 
ホテル予約手数料(1 : $67.4
ホテル予約手数料(2 : $49.0
レンタカー:25940円
約92000円


今後の予定経費
成田往復と駐車場:10000円
現地食費:50000円
買い物とか:50000円
雑費:30000円

約140000円

工夫すれば20万円で足りるね。金かけりゃいいってもんでもねぇ。
"えっ これだけしかお金使わなくても こんなに楽しめたんだ!"ってのが醍醐味だよ。

コードまたは名称の一部を入力してください:コード検索
 

2010年01月15日 (23:07)

台湾旅行記

taiw.jpg


台湾から無事に帰国!2泊3日でバタバタと行ってきました。結論から先に言うと非常に人柄もよく物価も安く楽しめましたが、再度行きたいな~とまでは正直感じませんでした。あちらの人は日本贔屓で日本人や日本製品に信頼を持ってくれていますね~。車は日本車が7割くらい占めているのではないかな~、中でもTOYOTAは抜きん出ている感ありました。上海で日本車の少なさに少し悲しくなりましたが台湾では日本車が圧倒的に強い。あちらのTAXIは全て黄色のイエローキャブで、あちらは車を購入してメーター等計器類を装着すれば誰でもTAXI運転手の認可がおりる?のか、20代前半のTAXIドライバーの車に乗った時は3列目を取っ払いウーファーが鳴ってました。ウーファーの重低音の聞けるTAXIも乗ったのは始めて(笑)初乗りは70NTD(約220円くらい)でした。カムリを運転していたドライバーに「TOYOTA好き?」と片言の英語で聞いたら、親指を立てて「TOYOYA No1 very very good!!」と絶賛も。俺はホンダ派なんだよね~なんて口にも出来ませんでしたが、嬉しかったですね~


夜はティンタイフォンの小龍包を2日続けて食べた。2日目には「昨日も来てくれましたね!」と、可愛い笑顔で迎えてくれました。ここは街の食堂と比較すれば値段は少し高いですが上海や日本の店舗と比べると高級店のイメージはなしですが店内はさすがに満席。それでも待つ事はありませんでした。小龍包を蒸篭で1つ頼むと10ヶ入っているんですが、確か上海は5ヶ!サンラータンのスープ飲んで、チャーハン食べて、漬物食べて、その他もちょこちょこ食べて1人あたり 1500円くらい。安いっ!美味い!台湾に3店舗ありますが、行ったのは信義店。ここが本店なんだろうか?それにしても、あれだけ食べても2000円しないってのは魅力的。台湾は本当に食事安いな~。街全体、あちらこちらで屋台や食堂があり、そこで食べれば200~300円で腹いっぱい食えます。昼やおやつはほとんど屋台や食堂で済ませました。

台北101は5F~88F までの直通エレベーターに乗って行くんだけど、なんと37秒で世界最速!モノ凄い速い。到着した日は曇でしたが翌日は快晴で101の展望台からは遠くまで綺麗に見ることが出来ました。ラッキーです。建物内の設計も空間が随所にあり、あの設計は日本人じゃないかな?とすぐに思いました。最近の東京の商業施設に見劣りしない?くらいでした。後日、ググってみよう。


あと、到着してすぐに感じた事が街全体の雰囲気が暗い。個人的には東京で目の前の道路に首都高速が走ってるだけで陽がささずなんとなく暗くなるので、産業道路とかのそれさえも好きじゃないんだけどあちらは高速道路が前になくても暗い。あれは建築のせいかな~?日本の場合、まず車道があって歩道がある。ポイントはこの歩道だ。こちらでは歩道を確保して建物はセットバックしてるんだけど、台湾は車道ぎりぎりまで建物がある場合が多く歩道はトンネルみたいな暗さ。電気が点いていても「この店やってるの?」と、なってしまう。雨の日は濡れなくて済むし2F~上の居住者は1部屋あたり10㎡前後居住空間が広くなるんだろうけど、あれは街全体がダークになってしまい好きになれない。まして店をやるなら借りたいと思えない。そして上海でも感じた事なんだけど集合住宅のメンテナンスをする発想はあちらにはないのかな?築30年を超えているであろう建物でも日本の建物の方が外観が比較にならないくらい綺麗。そして、その今にも崩れそうな集合住宅に洗濯物が無造作に干された姿を見ると、東京は豊かなのかもな~って思ってしまう。


台湾のその他の写真


コードまたは名称の一部を入力してください:コード検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。